早漏治療の麻酔成分ベンゾカインについて

早漏治療は日本では早漏と呼ばれている症状を改善するための治療で、陰茎への刺激に対する反応を弱めることによってペニスを挿入している時間を長くするための治療が行われるのですが、早漏治療で一般的に使用されているのは麻酔作用のある薬でベンゾカインを服用すると刺激に対して神経が軽い麻痺状態になるので、早漏を一時的に改善することができます。
早漏というのは定義が複雑なのですが、基本的には快感を伴わない射精をしてしまうことで、時間にすると数秒から数十秒程度で性行為が終了してしまうので、男性にとっても女性にとってもストレスとなってしまいます。
早漏治療はED治療とは違っていて、ストレスの有無に関してはあまり関係性がないとされていますが、セックスの時に一度早漏状態になってしまうとその時の強いショックのためにEDにまで発展する可能性があるので、症状がある場合にはベンゾカインなどの麻酔作用のある薬を服用して、なるべく早く早漏治療をする必要があります。
ベンゾカインという薬は麻酔薬なので、通常の場合は皮膚のかゆみや痛みを抑えるために使用されるのですが、これを服用することによって早漏の症状を改善することができるので、早漏治療薬に配合されることが多くなっています。
基本的には塗り薬やスプレーなどの形で販売されているので、飲み薬が苦手な人にとっても使いやすい薬となっています。
これを塗ることで短時間で射精しそうになってしまっても一定の時間耐えることができるので、パートナーを満足させることができます。
塗り薬なので基本的には重篤な副作用などはないのですが女性器に対して塗ってしまうと感覚が麻痺してしまうので、多少違和感を感じてしまいます。